2014.07.27 (日)                       K2Couple No.0465

角間山 途中まで
かくまやま(群馬県)
1,981m
浅間の花巡りは、結果大荒れ

コース最大標高差 : 450
コース累積標高差(+) : 480
コース累積標高差(−) : 480
コース沿面距離 : 5.1 km
行動時間 : 4'40"

* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です

 雨上がりの角間山麓
  6:30 = 藤岡IC(上信越道)小諸東御IC = 地蔵峠 = 8:00 旧鹿沢登山口p

 登山口p 8:10 - 8:30 (牧柵に沿って) 8:50 - 9:00 東屋@ 9:15 - 10:05 東屋A 10:15 - 10:25 角間登山道合流 -

 10:40 角間峠 10:45 - 11:00 折返し点 - 11:10 角間峠 - 11:20 分岐 - 11:50 沢渡る - 12:05 登山口p

 登山口p 12:25 = 12:40 地蔵峠湯の丸高原ホテル 13:55 = 14:20 野菜直売店 14:35 = 14:50 長男宅 16:25 =

 佐久平SIC(上信越道)藤岡IC = 17:35


   角間山の場所
  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔) ( 青線 = 今年春の積雪期ルート )

湯の丸高原ホテル (¥650)

 昨夜は今年一番の寝苦しい熱帯夜になり、熟睡できずグズグズしてた。
 朝5時過ぎに起きて準備に取り掛かるも、ご飯が炊けるのを待って を作るのに時間が掛かってしまいます。
 昨日から夏休みに入った孫達を迎えに行くついでの山なので、お決まりの浅間界隈ですよ。
 それも、最近マイブームの超楽チンなプランです (^^

昨夜の雨雲レーダーによると
今のところは晴れていますが、寒冷前線の通過に伴う雨は覚悟しなくてはなりません。

レンゲツツジの季節は過ぎても、地蔵峠はそれなりの賑やかさですね。
私たちはスルーして、群馬県側鹿沢の登山口まで下りました。

ありっ、登山口前の駐車場はスカスカに空いていて拍子抜けです。
気温は20℃、下界とは比べものにならない清々しさです。

 上信越道から浅間連山
 地蔵峠を越えると角間山が見える       ▲ 第九十八番 十一面観音前の駐車場

今年の春に歩いたコースで、湯の丸山の裏庭を時計回りします。
出だしから花がボチボチ咲いています

積雪期のイメージとは違って、斜めに傾いた初めて歩く道です。
雪の下はこうなってたのか ・・・ と思いながら暑くもなく寒くもなく気分爽快。

牧柵が出てきて、ゲートを通過する。

 牧柵の通路

ゲートを抜けたところで、左←湯の丸山の表示。
そこはイチヤクソウの群生地。

柵に沿った道もありましたので、どこに行くのかと思って進んでみる。
次第に荒れてきたし下り気味なので、適当なところで湯の丸北峰を目安に進路変更します。

 イチヤクソウ

緩やかな斜面なのでワラビを採りながら行ったら、踏み跡らしきものをロストしてヤブっぽくなっちゃった。
ルーハンするも道はなく、ヤブを漕ぐ気持ちもさらさらない訳で。

さっきのゲートまで引き返して、素直に湯の丸山方面の表示に従いますね。
ちゃんとした道を登って、東屋のある鹿沢スキー場跡地に出ましたの。

積雪期は直登できるからいいですけど、夏道はややこしいという認識です。

 ワラビ袋をぶら下げて
 イチヤクソウ  チダケサシ  トリアシショウマ  ウツボグサ ▲ カラマツソウ
 ウド  クサフジ  ノアザミ  ヤマハハコ ▲ ヨツバヒヨドリ

 コンコン平のお花畑で待ってた人              ▲ 東屋その1
                     ▲ 東屋周辺はフランスギクで埋め尽くされていた

着いた東屋の周辺は、ちょっとしたお花畑でした。
この時はとっても良いお天気で、気持ちよかったんです

寝転んだり案内図を見たりして、360°の開放感。
ここは殆ど人が来ないマイナールートなので、大好きなエリアです。
角間山と湯の丸山の麓に広がる自然溢れる奥座敷ってとこかな (^^

 お花畑の向こうに先週登った籠ノ登山          ▲ 湯の丸山と角間山の分岐

 この辺り一帯をコンコン平と呼ぶのかと思っていましたが、標識を見ると湯の丸方面に向かってコンコン平1.1Kとある
 直線的に1.1Kならば湯の丸登山道のツツジ平(遭難防止の鐘のあるところ)辺りだし、登山道に沿った1.1Kならば湯の丸牧場
 内のP1855周辺のことをコンコン平と呼ぶのかもしれない。
 ま〜何となくそういうことでキリを付けて、コンコン平をあとにするのでした。

 ホタルブクロと湯の丸山              ▲ ヤマオダマキ

道端の花の写真をせっせと撮って、たまに角間山の山頂を眺めながらのチンタラ歩きだす

 群生するウツボグサ

     オトギリソウ         ▲ シラタマノキ        ▲ ゲンノショウコ


 ノリウツギ  ブタナ  イブキジャコウソウ  オオバギボウシ ▲ タカネスギカズラ
 ショウジョウバカマ  シロバナニガナ  シシウド  シモツケ ▲ ウスユキソウ
 シュロソウ  イタドリ  イボタノキ  ニガナ ▲ オダマキ

登り始めからポツンポツンとワラビがあったので、こまめに採っては袋に入れてたのですが、ついにワラビ群生地状態になってきました。

花撮りおばさんは、ワラビ狩りはらっぱに豹変。
もう時期も遅いし先行者のおこぼれですが、広範囲なので結構な量です。

またまた東屋があったので、パン休憩にしましょう。
来年は、孫たちを遊ばせに連れて来たいな (^^

 ワラビ狩りはらっぱ      ▲ 太古の世界、白亜紀みたいな雰囲気
 何処までもついてくるコンコン平ってか              ▲ 東屋その2

3月に来た時はもっと右側を歩いたとか歩かないとか、あの白樺の様子は見覚えがあるとかないとか、無駄口を叩きながら森を行く。

そして再び牧柵のゲートをすり抜けて、牧場エリアから脱出。

 通り抜ける幅ギリギリ

笹の刈り払いが行き届いた登山道は、緩やかに登っていますね。
いつの間にか青空が白くなっているのに気付きました
周りは緑一色の世界でもあります。

鹿沢温泉から直接登ってくる道に合流。
緑濃く葉っぱが茂っているので、積雪期のイメージと全然一致しません。
確かこの上をトラバース気味に登ったと思うのですが 。。。

雪の時期には下草は埋もれ、白樺の幹だけが目立って今より全然疎らに見えますもん。

 熊鈴鳴らして
 角間登山道に合流              ▲ 分岐標識
                         ▲ ミヤコグサが歓迎してくれる道です

 ウマノアシガタ  グンバイズル  ミヤコグサ  ワレモコウ ▲ コナスビ

この時は天気が良かったから、雨予報のことはすっかり忘れてました (^^;

角間峠に向う途中で、下山してこられる単独♂や3人partyとすれ違いましたが、それが本日唯一の遭遇者だった。
稜線には高山植物が咲き乱れてたって ・・・
何が咲いていたのか訊ねたら、花の名前は知らないとのこと

 角間峠から湯の丸北峰             ▲ 角間峠の東屋
 フムフム         ▲ 角間山へアタック開始 (^^;

 カワラナデシコ  コキンレイカ  ホソバノキリンソウ  クガイソウ ▲ ヤマニガナ

いよいよ角間山へアタックですよん (相当大げさですけど)

南面のトラバース道からは何とか浅間方面が見えていたのですが、だんだんとガスっぽくなってきた。

 シコシコおいちゃん
 ヨツバヒヨドリと湯の丸山          ▲ 浅間方面は見えていました

と思ったのも束の間、黒雲が急襲して雨がポツポツ落ちてきた。
何とか稜線まで行きたいと思ったのですが、冷気とともに雨風が本気を出しちゃいました

短時間に通り過ぎる雨とは思いましたが、いきなりバケツをひっくり返されて登頂意欲完全喪失。
カッパにザックカバーや傘を出すも既に遅く、しょぼくれて撤退します。

峠の東屋まで特急で下って、体勢を立て直しますね。
私も傘を出して下ります。

 速攻下山
 屋根の下で体勢を整えて               ▲ しょぼっ
 雨が好きな人もいるし           ▲ 明るくなってきたような

 雨に打たれてヤマホタルブクロ             ▲ ん? 雨止んだし
 

登山口が近くなったら、何と雨が止んで陽が射してきた。
やめてyo さっきの雨は何だったのよ。

もう少し雨が降るのが遅かったら良かったのにね ・・・
またしても、蝶よ花よと戯れて下る二人でした。

    ▲ ヒョウモンチョウ       アサギマダラ
 
 ダイコンソウ  ホツツジ  イケマ  ヤブジラミ ▲ ノコギリソウ
 ニッコウキスゲ  ノハナショウブ  コオニユリ  ヤナギラン ▲ ハクサンフウロ

登り始めてすぐに余分なことをして道を見失なわなかったら ・・・
ワラビ採りに夢中になって、ちゃんと歩かなかったからなあ ・・・
ご飯炊きを昨夜の内にセットしとけば、もっと早く出発できてたのに ・・・

いろいろ重なって、角間山登頂ポーズが果たせなかった。
反省することしきりでした

車に戻ってさっぱり総着替え。

 第九十九番 千手観音

いつもの湯の丸高原ホテルで温泉に入ろう。
地蔵峠に戻ったら、二つの学校の生徒が集まっていました。
小学生の林間教室でしょうかね。

貸しきり状態の温泉でゆっくりして、息子の家に行く道すがら浅間山が顔を出していました。
でも角間山方面は、相変わらず白い雲がかかっていました。

 小学生の団体さま
 浅間高原ホテルで汗を流して           ▲ 佐久地方のの田園風景

野菜と果物を仕入れて            お迎えにあがりましたよ
カブトムシに夢中な小1♂          ▲ 留守番の末娘が履物語り

息子宅では28℃。
やっぱし長野県は涼しくて天国だわ。
山上と同じように、お昼前にゲリラ豪雨が通り過ぎたとか。

夏休みに入った♂孫3人を預かって、暑い群馬に帰りますね。
高速料金が高くなったにも拘わらず、帰りはしっかり渋滞していました。

きょうは群馬も夕立があったのか?涼しく寝られそうです(^^)

富岡IC付近は何故か渋滞しやすい

きのう連れて帰るときはお客さん待遇でしたが、一夜明ければ必殺仕置人にしごかれる境遇。

朝から晩まで目が離せません。
可愛いのですが、特に下の二人は想像を超えた悪ガキ仕様です。

私の言うことは完全無視
おじいちゃんが会社から帰ってきて、毎晩のように爆弾投下です
元気なだけがトリエ (^^; とほほ。

 寝相悪すぎ (翌朝)