2014.08.01 (金)                       K2Couple No.0466

東天狗岳
ひがしてんぐだけ(長野県)
2,640m
       根石岳 2603m 東天狗岳 2640m
孫♂3引き連れて、自然体験教室

コース最大標高差 : 750
コース累積標高差(+) : 900
コース累積標高差(−) : 270
コース沿面距離 : 7.0 km
行動時間 : 6'00"

* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です

 根石岳山頂でランチピース
  5:20 = 藤岡IC(上信越道)下仁田IC = 内山峠 = 7:20 麦草峠 = 8:15 桜平登山口p

 桜平登山口p 8:25 - 9:10 夏沢鉱泉 9:25 - 10:30 オーレン小屋 10:45 - 12:00 夏沢峠分岐 (箕冠山) -

 12:15 根石岳(L) 13::10 - 13:35 東天狗岳 13:50 - 14:20 根石岳 - 14:25 根石岳山荘(泊)

 根石岳山荘 5:50 - 6:00 根石岳(BF1) 6:15 - 6:20 根石岳山荘 6:25 - 6:30 箕冠山 - 7:05 夏沢峠(BF2) 7:25 -

 8:30 硫黄岳 8:45 - 9:30夏沢峠(L) 10:20 - 10:40 オーレン小屋 10:55 - 11:30 夏沢鉱泉 11:40 - 12:10 桜平登山口p

 桜平登山口p 12:30 = 白樺湖 = 内山峠 = 下仁田IC(上信越道)藤岡IC = 15:15


  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)
                          
青線 = きょうの東天狗岳ルート  赤線 = 翌日8/2の硫黄岳ルート  

東天狗岳の場所

                                    標高グラフ by KASHMIR 3D


根石岳山荘 ( ¥8,000 小学生¥4,000 弁当¥1,000×2 )

 過去2年間の夏休み自然体験教室はいずれも尾瀬だったのですが、今年は目先を変えて八ヶ岳に行くことにしました。
 日曜日はお世話になった方の法事が組まれましたので、金土の二日間です。
 やんちゃな小1新人が新たに加わったのを考慮して、根石岳山荘に決定したのが二日前のこと。
 蓼科山頂ヒュッテや平標小屋も候補に上がっていたんですけど、時間や難易度や諸々を検討した結果惜しくも選に漏れた。

 家の中で過ごすことが多いお客さんに、自然界の大きさを感じ山の素晴らしさに触れる機会をというのがそもそも。
 長男(小6)は3歳から連れまわして、今回がちょうど20回目の山行になります。
 最近では、連れて行かれる子供たちよりも、連れて行くほうの体力が頼りなくなっているのが深刻な課題ではあります

さて、天気予報は連日のように午後の雷雨を予報していて、実際にあちこちで不安定な雨が降っている。
ささっと登って、できれば午前中に行動を終えたい。
そんな訳で早い出発にします。

起きれ〜 山行くど〜
子供たちは眠い目をこすりながらも起きてくるところを見れば、山には行きたいようだ。

家を出て間もなく、雲間に朝日が昇りました。

 頼りない日の出

早く起こしたので、子供たちは高速に乗るなり寝ちゃってます。

下仁田ICからは、内山峠、麦草峠を越える山岳道路走行プラン。
荒船山には相変わらずガスが掛かり、内山隧道を抜けて長野県に入ったらどんよ〜りしてますね。

メルヘン街道に入る頃には長野の空も晴れてきて、八ツの硫黄岳が姿を現していました
無人のレストハウスふるさとに寄り、トイレ休憩。

 レストハウスふるさとから硫黄岳
                         ▲ 麦草峠(メルヘン街道)を茅野側に下りたところから見る八ヶ岳

メルヘン街道のクネクネ道のあとは、三井の森から桜平に至るダートに揺られまくり、♂1号PURP君は気分悪くなって無口になっちゃった。
このダート区間も案外長いのよ。

ようやく桜平に着きましたら、車の数が想定外。
平日なのでスカスカ余裕と思ってたのに、途中の路肩ちっくなpは満車。
一番上の最奥のpはまだ余裕でしたが、金曜日の朝なのに参ったぜ (^^;

起きれ〜着いたぞ〜

 一番上のちゃんとした駐車場

登山口のゲートまで下ります。
一昨年台風でグシャグシャになってた登山道は、綺麗に修復されて部分的には簡易舗装も復活していました。

6月の終わりにはいろんな花が咲いてる道ですが、今は殆どの花が終わっていてチョッと寂しい道ですね。

数少ない花を探しながら、チンタラ登ります。
子供は速い

 夏沢鉱泉までは営業車が入る道
 チダケサシ  シナノオトギリ  ヒメウスノキ  ヤマオダマキ
 キバナノコマノツメ  シロバナヘビイチゴ  イチヤクソウ

広い林道歩きですから、夏沢の瀬音を聞きながら勝手気ままに歩く。
水の流れが目に止まれば、いっせいに飛びつきます。
水遊びです。

そして、夏沢鉱泉に着いてドリンク休憩。
ここは槍穂高が見えるポイントですが、残念ながらきょうは見えませんね。

夏沢鉱泉の♀スタッフさんと話したら、根石小屋には楽しいお兄さんがいるよって教えてくださった。

 夏沢鉱泉で休憩して
 子供相手は楽じゃない             ▲ 涼を呼ぶ沢の音

次の目標はオーレン小屋なのですが、途中の小沢で休憩します。
休憩と言うよりは、水遊びと言ったほうが正確ですけど。
何でこんなに水遊びが好きなんでしょうかね (^^

ザックを下ろすのも忘れて、無心に沢を掻き回す3人。
せっかくの澄んだ水が真茶々です (^^;

 ザックも下ろさず水遊び
 倒木があれば乗っかるし            ▲ 木橋を渡れば踊るし
 ヤマガラシ  ヤマホタルブクロ  ホソバノキソチドリ  ゴゼンタチバナ
 ヨツバシオガマ  ギンリョウソウ  オサバグサ

オーレン小屋に着くなり、♂3号CRIM君はだっしゅでトイレ騒ぎ
えっウンチしたら100円もらえんの? ばか!払うんだよ 。。。

そして、またまた小屋前の沢に降りて水遊びに興じる。
ラーメン食べたい人は、空のペットボトルを満タンにしときなよっ。
へ〜い

 オーレン小屋

               ▲ だっしゅ

ちゃんと出たよ (^^;             ▲ ここでも水遊び

 子供たちが水遊びしている間に、花壇に咲いている花の写真を撮りまして 。。。 そろそろ行こうかね〜。

 ミヤマアカバナ  アカバナダイコウソウ  タカネグンナイフウロ  リシリヒナゲシ  コマクサ

台風でひどいことになってた箕冠山の道も、とっても歩き易く元通りに復旧されていました。
クワを担いですれ違う人を何人も見かけました。
ご苦労様です。

樹林帯の途中で後ろを振り返ると、硫黄岳の肩に赤岳が顔を出していた。
お久しぶり〜

 箕冠山の樹林帯を登る              ▲ 赤岳が見える

この頃から、心配したおじいちゃんの体調悪く遅れ気味です。
熱中症かも。
連日の猛暑と熱帯夜で、疲れがたまっているのかも。

休み休み登るおじいちゃんを気遣って、重いザックを子供たちが担いでくれると言う。
おじいちゃんのザックは魔法のザック、皆んなが担ぎたがるんです。
新人の♂3号も志願して、ヨロヨロしながらも気合で登る頼もしさ (^^

 先ずは♂2号BLUE君が魔法のザックを
 お前ひまそうだな  けっこう行けるかも  俺に任せろ〜  経験者♂2号は余裕

新人といえども歩くのは速い。
歩幅は小1並みですけど、足の回転がとにかく速いのです。
年寄りがちょこちょこピッチを合わせてみたら、もつれて転びそうなほど。

新人が箕冠山まで担いで、あとは上級生にバトンタッチ。
おかげで、おじいちゃんは元気を回復してきました (^^

 箕冠山分岐

箕冠山を少し下れば、樹林帯を抜けて視界がぱっと広がる感動ポイント。
根石岳と後方に控える西天狗岳が、格好良く並んで見えます。
きょう泊まる根石岳山荘も見えた。

まずはコマクサ園地を通過して、根石岳に登りますね。
根石岳でお約束のラーメンランチです。

広い砂礫にところ狭しと咲くコマクサたちは、終盤を迎えていました。
株も花も小さく、必死に生きているという印象。

 わあカッコいい〜
 コマクサ               ▲ 根石岳へ
魔法のザック交代してくれ           ▲ おばあちゃ〜ん、早く〜
競争するかっ        ▲ デカザックの小1新人やや優勢
                             根石岳山頂から東西天狗岳

きょうの目的地、根石岳の山頂でバンザ〜イ。
ガレた山も青い空も白い雲も、みんなカッコいいよね。
東天狗の右肩に、昔クライミングを楽しんだ稲子岳も見えるし。
交代でポーズ合戦。

そして皆んなのお楽しみのラーメンですよ。
おやつも沢山持ってきたからね、何でもどんどん食ってくれ〜。

 ♂1号渾身の岳ポーズ           ▲ 後輩たちに演技指導
 ♂2号 ガッツポーズ         ▲ ♂3号 ファイティングポーズ
きょうはお兄ちゃん♂1号がラーメン担当              ▲ ぷくま〜ん
                            ▲ 根石岳山頂お別れポーズ

ミヤマダイコンソウ            ▲ コバノコゴメグサ
ハクサンシャクナゲと東天狗岳              ▲ コケモモの実

雷の心配もなさそうなので、目の前の東天狗岳に登りましょう。
下の二人はふざけるから危ないと思い、おばあちゃんと♂1号が代表して登ることになりました。

おじいちゃんと下二人は途中まで一緒に歩いて、お見送りです。
時々下で待つ子供たちの声が届いてきますが、何を言ってるのか聞き取れない訳で。

下からズームで登頂隊の姿を追いますね。
山頂にも人がいっぱい。

 根石岳をあとに天狗岳へ
 東天狗岳にアタックをかける二人を望遠で            ▲ 山頂もズームアップ
 ミヤマダイコンソウ  ミヤマウスユキソウ  ハクサンシャクナゲ  ミヤマミミナグサ  ミヤマオトコヨモギ

山頂直下は岩岩の急斜面なので、♂1号は楽しかったようです。
小6にもなると落ち着いているから、安心して見てられますね。

激混みの山頂で、団体さんに混じって記念写真を撮る。
硫黄岳の爆裂火口が大迫力で迫ってきます。


 山頂でピース           ▲ 山頂から西天狗岳

                         東天狗山頂から三日月さんの蓼科山

                         山頂からの南八ヶ岳と歩いてきた登山道


イブキジャコウソウ             ▲ ミヤマミミナグサ

団体さんの後に付いて下り始めたら、トラブル発生
PURP君 が履いてた登山靴のソールが、パカって剥がれちゃったのです。
10年以上前のおじいちゃんの登山靴。
(もともと無茶だ)

薄皮一枚で何とか歩けそうなので、剥がれたソールを手にそっと下ります。
下のザレ場はちょっと痛そう。

ミヤマオトコヨモギ

「おばあちゃ〜ん」 下の子が大声を張り上げている。

前を歩く団体さんは、偶然にもおばあちゃんばっかし
何度も届くおばあちゃんコールに、冷や汗がドバドバ出てしまいます。
すみませんうるさくて うちの子なんです (^^;

 団体さんと一緒に

下で待っていた孫達と合流。

大声を出していた♂3号は、団体のおば様たちに言われていました。
「どのおばあちゃんにする?」
「いっぱいいるから好きなおばあちゃん選んでいいよ」 って
(^^; CRIM君 無言

大勢のおばあちゃん達と一緒に、根石岳に登り返しますね。
銀座並みの賑やかさ。

 根石岳を登り返す

再び根石岳山頂。
団体さんはオーレン小屋まで行くので、山頂で休憩されました。

私たちはデポしておいたザックを回収して、根石岳山荘に下ります。
大人はちっこい荷物、子供はデカザック。
これって、新人訓練も兼ねたK2隊一族の厳しいオキテ
山頂から拍手喝采でした。

再び根石岳山頂
根石岳山荘へ              ▲ 硫黄岳アップ

♂3号は、ザックのことをカバンと言い、小屋のことをホテルと言う。
ちょっとあんた、変じゃない?

小屋の入口に、若いお兄さん二人がお出迎えです
下の孫二人は、着くなりお兄さんたちに付きまとっておりました。
(本人たちは手伝っているつもりみたいですけど、思いっきり邪魔だって怒られながらも)
しかも消灯までみっちり 。。。

お兄さん二人には、お礼の言葉が見つからないほどお世話になりました。


私達は綺麗な新館の2階に案内されてのんびり過ごす。
大画面のTV付き。
きょうは一人布団1枚で、広々とゆったり泊まることになりました。
順番でお風呂に入って、まったり。
トイレは温水ウォシュレットで、これは確かに山小屋じゃなくてホテルじゃ。

おじいちゃんがビールを飲めば、子供たちもジュースを欲しがる。
物資を で空輸する小屋ですから、ジュースも¥400だった。
経理担当のおばあちゃん汗

夕食はハンバーグや野菜や鯖の煮付けなど、全員御代わりをしてモリモリ食べ盛りであります。
( 同じ待遇で、小学生は大人の¥4000引きなので申し訳なくって )

屋根の上に石が乗っかった可愛い小屋
寝場所が決まった
1本400円のジュースでカンパ〜イ            お待ちかねの晩御飯

夕刻になって山の下の方でゴロゴロ鳴ってましたが、山の上には来ないのかと思ってましたら、夕食後にザーっと来ましたね。

壊れた靴は、お兄さんに修理をおねだりしました。
何から何まで面倒見ていただきありがとうございます

2600mの山の上ですから、嘘のように涼しい夜を迎えます。
毛布に掛け布団。

 新館の通路


 山小屋は夕霧に包まれて静かに佇み、しっとりと水滴を蓄えたコマクサが心なしか寂しそうではありました。
 明日も良い日になりますように。

山小屋の夕霧             ▲ 孤高のコマクサ