2007.09.01 (土)                       K2Couple No.0174

鼻曲山
はなまがりやま(群馬県・長野県)
1,654m
近くのお山にお花見山行

コース最大標高差 : 280
コース累積標高差(+) : 610
コース累積標高差(−) : 610
コース距離 : 6.8 km
行動時間 : 4'25"
* 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
 鼻曲山北面に群生するレンゲショウマ

  8:30 = 10:00 二度上峠登山口p

 二度上峠登山口p 10:05 - 10:20 獅子岩 - 10:45 氷妻山 10:50 - 11:55 国境平分岐 - 12:10 小天狗 - 12:15 鼻曲山大天狗 12:20 -
 12:25 小天狗(L) 13:00 - 13:50 氷妻山 14:00 - 14:30 二度上峠p
 二度上峠p 14:35 = 15:00 亀沢温泉 15:45 = 17:00












 霧積温泉は観光地化されていない秘湯のたたずまいを色濃く残している。
 泉質は無色透明の重炭酸土類泉で泉温は39度。
 犬の湯、入の湯とも言われる。

 明治21年の開発以来、明治の政界人、文人、外国人などの来遊が後を
 たたなかったが、その後の大水害もあり、現在に至っている。

 鼻曲山は金湯館手前より右の登山道に入り、十六曲峠より左に(右に行く
 と剣の峰、角落山)緩い傾斜の気持ち良い登山道をたどる。
 やがて急坂となり、わずかで稜線に出る。
 この間の展望はないが、新緑、紅葉が素晴らしい。

 最後の小ピークを越え、急坂を登れば山頂の大天狗。
 西の三角点のあるピークは小天狗と呼ばれる。
 また、大天狗の東側直下が烏川の源流になっていることは、意外と知られ
 ていない。


                              上毛新聞社 『群馬の山歩き130選』 より









          
鼻曲山の場所

  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)


亀沢温泉 美人の湯 (¥550)

 一週間前に挙式した末っ子夫婦が帰ってくるので、山は念頭になかった。
 が、ちょこっと行って来ようよということで、はらっぱの希望は鼻曲山のレンゲショウマです。
 天気予報はまずまず、近くのお山にお花見山行と決定。

先年の合併で、我が家から登山口に至るまで全部高崎市になった。

群馬町周辺では本格的な雨になり、暗い気持ちで倉渕をめざします。
ところが倉渕に入ると雲が切れ、青空も垣間見える。
よしっ。

二度上峠の登山口駐車場には三台の先客あり。
駐車場入り口は掘れているらしいので、今日はPAJEROioで来た。

 二度上峠駐車場(後方は駒髪山と氷妻神社)

さて、「花はまだ咲いているかな」 淡い期待を抱いて出発です。

岩上の展望台らしき場所に登り、東方に開けた展望を確認。
浅間隠山は中腹からガスが掛かっている。
剣の峰や角落山は薄く見えていた。

 登山口の標識

二度上峠から鼻曲山まで尾根通しに快適なポコポコ道と侮っていた。
尾根上の大岩を西に廻り込むアップダウンは意外だった。

峠から山頂までの標高差は260m位しかないのに、累積標高差は結構ありそうだった。

 尾根上の獅子岩        ▲ ゴミも恋人も捨てないでね (^^;

クマザサの広がった気持ちの良い歩き易い登山道が続きます。
小さなアップダウンを繰り返して進む。

いつの間にか周りがガスに包まれ、白くなってきた。
予想外のアップダウンに、長袖シャツを脱いで下着で登る。
天気は決して良くないが、暑い。

カップルさんが下って来ます。
「花はどうでしたか」と訊ねると、「終わりに近いけど咲いてましたよ」と奥様。
このご夫妻は、石塚さんちのお二人と後で知りました。

 クマザサの快適な道を行く

最後の150m程の登りにかかる。
あった、あった、レンゲショウマが。
盛りは過ぎているし、数も少ないけど残ってました。
良かった。
これで今日の目的は達成です。
ここの登りは急できつかった。

マイナーなルートにつき、出会いも少ない。
やっと二組目の男女に遭遇し、道を譲っていただきます。
(この男性は長野のひらさんとのこと)

 鼻曲山北面のお花畑

 
                                       ▲ レンゲショウマ

ソバナ シロヨメナ トリカブト ムシカリの実 ウスユキソウ
コウリンカ タムラソウ アザミ シャジクソウ
フシグロセンノウ オクモミジハグマ キバナアキギリ シオガマギク アキノキリンソウ

山頂に到着。
小天狗では、アンテナを張って交信中の人が一人。

大天狗に足を伸ばすと、東京の単独おじさんが一人。
ガスに巻かれて、当然ながら辺りは真っ白白の白です。
数年前の春先に登った霧積温泉からのコースが、大天狗から下っている。
そして、ここは利根川水系烏川
(からすがわ)の源流なのです。

小天狗に戻って、ランチ休憩に突入です。
今日はお稲荷さんと巻き寿司、カップ麺、プチとまと、コーヒー、水羊羹・・・
お腹いっぱいだ〜。

 鼻曲山大天狗で

さてと、あとは帰るだけ。
だんだんと霧雨が雨に変わりますが、雨具は着けずに駐車場に戻る。

美人の湯に慌ただしく入って、我が家にまっしぐらです。
里見の行きつけの店に寄り、美味しそうな桃をお土産にゲット。
新婚夫婦は家で待っていた。
ごめん、ごめん。

結婚式の話題で盛り上がっているところにREIREICoupleも来て、楽しく賑やかな夕食になった。

 雨の中を下ります