2002.10.05〜06 (土日)                          K2Couple No.0073

燕岳
つばくろだけ(長野県)
2,763m
合戦尾根の紅葉と花崗岩オベリスク

コース最大標高差 : 1,390
コース累積標高差(+) : 1,830
コース累積標高差(−) : 1,830
コース距離 : 15.5 km
行動時間 : 11'50"
* 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
 燕岳オベリスク
  4:30 = 藤岡IC(上信越道・長野道)6:20豊科IC = 7:20 有明荘p
 有明荘p 7:35 - 7:50 中房温泉 7:55 - 8:30 第1ベンチ 8:40 - 9:05 第2ベンチ 9:15 - 9:45 第3ベンチ(L1) 10:05 -
 10:40 富士見ベンチ 10:50 - 11:20 合戦小屋(L2) 12:00 - 12:20 合戦の頭 12:25 - 13:10 燕山荘(泊)
 燕山荘 7:05 - 7:40 燕岳 7:50 - 8:05 北燕岳 8:20 - 9:05 燕山荘 9:15 - 9:45 合戦の頭 9:55 - 10:05 合戦小屋(L1) 10:25 -
 10:50 富士見ベンチ - 11:40 第2ベンチ(L2) 12:20 - 13:05 中房温泉 - 13:20 有明荘p
 有明荘p 14:35 = 豊科IC(長野道上信越道)藤岡IC =17:30

 燕岳の場所

燕山荘 (¥13,700) 穂高町営有明荘 (¥600)

モデル役のお嬢REIREI同伴で紅葉の燕岳へ。
念願が叶い、北アデビューです。

合戦橋付近の駐車場は満杯になっていた。
少し戻って有明荘の駐車場に入る。

 準備完了
 中房温泉登山口  紅葉はキレイだけど  いきなりの急登でグレるREIREI

いきなり急登が始まります。
カエデやダケカンバの黄葉が彩やかです。

第三ベンチで軽く腹ごしらえして、丸太の梯子や階段をジグザグに急登すると富士見ベンチだ。

 ベンチがあれば休む訳で

真っ赤に染まったナナカマドが目立つ。
バテ気味の
REIREIを励ましながら、合戦小屋も近くなります。
紅葉がキレイ!!

合戦小屋は超賑わいになっており、ベンチの一隅を確保して激辛ラーメンで活を入れましょう。

 我が家のアイドルはひょうきん族
 紅葉が奇麗でしょ  合戦尾根の紅葉は見ごたえあるよね  合戦小屋の前で

木立も低くなり、色鮮やかな紅葉の間に大天井岳や常念岳の稜線が見え隠れする。

赤と黄と緑に彩られた登山路をゆるゆる登ると、大天井岳の右手に槍の穂先が顔を覗かせ、がぜん足取りも軽くなっていきます。

 あれが槍ヶ岳だよ
 有明山

           ▲ 合戦の頭を登る

 合戦の頭を過ぎればもうすぐだぁ             えっさ                      ほいさ

合戦沢の頭に出ればナナカマドの赤い実越しに燕、北燕が正面に望まれ、ここまで登ればこっちのもの。

ほら、あれが今日泊まる小屋だよ。
目標が見えて、お嬢も元気を取り戻します。

 ナナカマドの赤い実越しに燕山荘が見える                 ▲ 燕岳

燕山荘に辿り着くと、高瀬の谷の向こうには裏銀座の山なみが槍、穂高まで広がる。
はらっぱを小屋の受付に走らせ、お譲と二人で展望に酔う。

ぎゃ〜すごいねえ。
こんな景色を見るのは生まれて初めてだろう。

 REIREI感動                ▲ K2C
 REIREI満足                ▲ 燕山荘                   つがざくらの間

運良く個室が確保できそうなので、15,000円奮発して「つがざくら」の間をゲットする。
山慣れない娘を、混雑したベットで寝かせるには忍びないからね。

お嬢は手際よく布団を敷いて、さっさと深い眠りに落ちていった。

 速攻熟睡 

熟睡お嬢を部屋に残して、夕食の5時まで大天井方面、蛙岩の岩峰群に散策に出よう。
信州側は稜線までガスが押し寄せており、槍ヶ岳も遠くぼんやり突き上げています。

岩峰の周りで展望を楽しみながら、おいちゃんは冬ルートの岩場を攀じ登ったり、二人で岩の上に立ったりして秋の夕映えを満喫する。

 えっへんポーズ (表銀座線)
                                    岩場でお遊び
 大天井に伸びる表銀座コース             誰もいない時間帯だし
                            遠く槍ヶ岳、いつの日か登りたい

槍が夕陽に染まり始めるころ、空気もピーンと引き締まって山の冷気が辺りを支配し始める。

この時間帯が、この感触が大好きです

 燕稜線 

5時からの夕食は、ぎゅうぎゅう詰めの食堂で忙しなく済ませた。

オーナーの赤沼健至氏が東京出張のため、燕登山の楽しみでもあったアルプホルンの吹奏はないとの事。
ビデオ上映も見ずに、余裕の個室でのんびりとする間もなく眠ってしまう。

はらっぱは睡眠薬が効かないらしく、なかなか眠れない等とぼやいていたが、翌日になってみれば本人はその一部始終を全く記憶していないようだった。
眠れない振りしてた割には、しっかり眠ってたんじゃん。
やられた。

 槍ヶ岳残映

  そして次の日

昨夜は星が大きく瞬き、天の川も綺麗だったらしい。

ご来光を拝まそうと、お嬢を無理やり引きずり出しますね。
山の儀式だし。

雲海の中から悠然と昇る日の出が、山稜の眠りを覚まします。
美しい。

 有明山の上に御来光 
                         ▲ モルゲンロートに染まる槍、穂高






 槍、穂高が朝焼けに染まる。
 神々しさはまさに世界の夜明けのようです。

 北アの峰が立山、剱まで累々と重なっている。
 北燕のかなたには爺、鹿島槍、白馬がでんと
 構えて威張っていた。

 霜柱が立ってはいるものの、この時期としては
 暖かい夜明けだった。

      ご来光を拝みながら寝てるん?          やっと目が覚めたぜ

ザックを小屋前にデポして、REIREIのザック一つだけの軽装で北燕岳までピストンしましょう。

花崗岩砂礫の緩やかな稜線を辿り、るんるん気分で足取りも軽い。

 稜線散歩に出かけます
 オベリスク競演                     清清しい稜線歩き

花崗岩の白いオベリスクとハイマツの緑が、見事なコントラストを演出していますね。
燕岳はオベリスクが印象的で、神聖な感じさえ漂う山容が個性豊かです。

 サブザックで北燕岳までピストンです

燕岳山頂に差し掛かった岩場でREIREI固まる。
なのに、おいちゃんは知らん振りしている。
近くの人に助けてもらって無事脱出です。

左から廻れば簡単だったのに、前の人に続いて直登してしまったらしい。


 燕岳の登り           やばっREIREIがI固まった

三人揃って山頂に立った。
おめでとう。

岩峰の山は解放感があって気持がいいね。

 燕岳山頂                ▲ 北燕岳

ゆるゆると燕岳の砂礫を下って、北燕に登り返します。
怯む二人を励ましながら北燕岳に登頂。



 北燕岳山頂               ▲ 北の展望

360゜の景色を心ゆくまでぼおっと眺めます。

おいちゃんがREIREIに山の名前を教えるが、山名には興味がないらしい。
しかし、山上の素晴らしい広がりには心を打たれている様子だった。
それだけで充分だし ・・・。

 REIREI in Northern Alps

下りは岩を這い、岩の間をすり抜けて案外順調だ。
燕岳を巻いて、写真を撮りながらゆっくり下ります。

北アの美味しい空気を腹いっぱい吸い込んでいこうよ。
そうしよ そうしよ(^^
はい、深呼吸。

 燕岳を下る                ▲ 下る
                      ▲ 果てしなく広がる空間を二人占め、槍だ穂高だぁ










 さてと、帰るじょ〜。

 小屋からREIREIペースで合戦尾根の紅葉路を
 ただひたすら下って行きます。

天候も下り坂だが、おかげで暑くなくてよかったね。
槍ヶ岳ともお別れ。

合戦小屋でグレープフルーツでのどを潤す。
第二ベンチではうどんタイム。

 槍ヶ岳ともお別れ 
 グレープフルーツ食べた            ▲ うどんも食べたぜ
 仲睦まじい丑年親子  だいぶ下りて来ました   ピースかい
                                     ▲ 紅葉の下山路

お嬢は最後までしっかり歩き、細くても頑張り屋の面目躍如と言うところか。

有明荘の露天風呂で疲れた足を思いっきり伸ばして疲れをとる。
肌もツルツルになった。

三人で登った山もこれで三つめです。
安達太良と四阿山そして燕岳。
だんだんハードになっていくような気もする。

 この坂きつい登りだったね             ▲ もうちょいです