2014.10.18 (土)                        K2Couple No.0477

村上山
むらかみやま(群馬県)
1,747m

       桟敷山 1931m  村上山 1747m

桟敷山の白樺林、村上山の落葉松林

桟敷山 村上山
コース最大標高差 : 335 400
コース累積標高差(+) : 350 430
コース累積標高差(−) : 350 430
コース沿面距離 : 3.9 km 5.4 km
行動時間 : 2'45" 3'30"
* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です  淡い落葉松林を行く笹道

  6:10 = 藤岡IC(上信越道)小諸IC = 地蔵峠 = 7:35 桟敷山登山口p

 登山口p 7:45 - 7:55 小桟敷山分岐 - 8:35 小桟敷山分岐 - 8:45 桟敷山 9:05 - 9:10 小桟敷山分岐 - 9:15 展望岩 9:20 -
 9:50 分岐 - 9:55 せんべい平 - 10:00 桟敷山分岐(L1) 10:20 - 10:30 登山口p
 登山口p 10:40 = 林道桟敷山線 = 11:05 休暇村鹿沢高原p
 休暇村p 11:10 - 11:20 登山口 - 12:05 (P1648) - 12:20 紅葉ゾーン 12:25 - 12:30 東屋 - 12:40 村上山(L2) 13:20 -
 13:55 登山口 -(清流の小径/かえでの小径)- 14:25 キャンプ場 14:35 - 14:40 休暇村p
 休暇村鹿沢高原p 14:45 = 北軽 = 二度上峠 = 16:50

村上山の場所


楽しいドライブも、休暇村鹿沢高原が終着駅。

鹿沢高原周辺は、今が紅葉の見頃のようでとっても綺麗どす。
広〜い駐車場の一番奥、登山口に一番近いところに停めさせていただきますね、ちゃっかり隊。

さてっと、行こうかね。

 休暇村鹿沢高原

先ずは石段を登って、清流の小径と名付けられた散策路に入りますね。
この辺りの紅葉は見頃を迎えています。

山を下りたら温泉に入ろう。
休暇村のお風呂にするか、リニューアルした鹿沢の紅葉館のどっちか。
紅葉館の方が安いんじゃなかったっけ?

 建物の横の石段からスタート
 世の中変わった

      この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)

 オレンジ色の華やかさ            ▲ 遅々として進まず

村上山登山口から登り始めると、彩やかさがトーンダウンしちゃって (^^;
ここからは、延々と落葉松林の道でした。
広葉樹の紅葉とはまた違った、おしとやかな美しさだけどね。

ハデハデの紅葉もいいけど、落葉松林は落ち着くし。
でも、やっぱりちょっと彩やかさに欠けて淋しいな (^^; どっちだい

 村上山登山口
 落葉松林の始まり              ▲ 村上山かな
▲ ミズナラ               ▲ コシアブラ
 メグスリノキ                 トチノキ

落葉松の林を言葉少なに歩いてると、小鳥のさえずりが聞こえてきました。
チイチイと鳴きながら素早く行ったり来たり。
木の枝を上手に避けて、小さな白っぽい鳥が数羽飛び交っている。

カメラを向けて適当に撮ってみたら ・・・ 撮れてた (^^
肉眼では、遠いのでよく見えないのが残念。

 背筋を伸ばして歩きたくなる道              ▲ シジュウカラ
 登っても登っても               ▲ 同じ景色

定規を当てたように規則正しく植えられた人工林ではありますが、何やらボチボチ赤っぽい葉っぱが見えてきましたよ。
遠くだけどね (^^;

それほど多くはないけど、遠くの赤めがけてコンデジに励む二人。
ズームズーム。
( mazdaじゃないよ )

 おっ自然林っぽく             ▲ あっちも zoom
 こっちも zoom          ▲ これはアップでいただき
 遠くの赤まで引き寄せて (^^;       ▲ 樹間に浅間山が煙を吐いていました

落葉松の人工林が途切れて、頭上が明るくなってきました (^^
植生が変わったのだ。
やっぱり山はこうでなくっちゃね

っと、前を歩いてたおいちゃんが消えた。
かまわず歩を進めていると、「オ〜イ オ〜イ」 と呼ぶ声が聞こえる。
切迫した声ではないので、助けを呼んでいるんじゃなさそうだし

 人工林が途切れて

声の方向を見たら、おいちゃんが笹薮の中で私を手招きしています。
後を追いかけて笹を漕いで行ったら、感動の紅葉広場みたい。

わお〜すっごく綺麗だね〜
落葉松の植わってない場所は、こんな素晴らしい紅葉があるんじゃん。
植林前の村上山は、きっと綺麗な紅葉の山だったのでしょうよ。

 笹原を漕いで行ったら紅葉出現

紅葉広場の真ん中に立って周りを見廻せば、独占ちっくな美しさ。
こりゃ360゜紅い屏風だ。
勝手に二人で感動のとき。

落葉松一色の山と聞いていたので、なお更に嬉しい

 前も赤い屏風        ▲ ハウチワカエデさん、こんにちは
 右を向いてもこう            ▲ 左だって紅葉づくし
 見上げても気狂っちゃいそう      ▲ 白樺の黄色がワンポイントアクセント

紅葉広場で感動を味わったK2隊は、気持ちよく登山道に戻るのです。
藪の中で遊んでいる間に、二人組に追い越されたみたい。
村上山でお会いしたのは、このカップルさんだけ。
ちなみに桟敷山では、トラベエさんだけだったし。

やや下ったコルっぽい場所に、東屋がありました。
寄ってはみませんでしたが、ちらっと見た感じではまだ新しそうです。

え〜やだ〜、また落葉松林になっちゃったよ。

 紅葉を堪能して引き上げるはらっぱ
 コルに東屋           ▲ またしても落葉松林 (^^;

そして、シコシコひと頑張りで山頂です。
桟敷山より少し霞んできましたが、同じ景色が見られましたよ。

山頂で優雅な展望ランチ。
同じくランチを楽しまれていたお二人と帰り際にお話したら、ベリーさんと親しい夢創歩さんご夫妻と知りました (^^
お互いに、インレッドさんの情報で来たのでした

 山頂間近               ▲ 村上山頂
 浅間隠山と鼻曲山               ▲ ウロウロ
 田代湖の上に本白根山            ▲ 展望ランチは美味い
                              ▲ 浅間山がでっかい

  下山します
    夢創歩さんご夫妻とお別れして、私達は一足先に下山。

 では、さようなら          ▲ やっぱりスルーした東屋
                         ▲ この木のように真っ直ぐ生きてきた (^^;

  下山後に清流の小径をポコポコ散策

登山口からは清流の小径を歩いてみますね。

川沿いに付けられた木道は、車椅子でも通れるように幅広です。
せせらぎの中には、シシウドが咲いてたね。
癒しの散策路です。

 おちゃらけスタート
 ガマズミの紅葉と実              一旦車道に出て

  勢い余って、かえでの小径もブラブラ散策

                                       ハウチワカエデ            ヒトツバカエデ(マルバカエデ)

清流の小径が癒しの散策路なら、かえでの小径は陽気な散歩道でした。
翳った道から一変して、笑顔が似合うような明るい雰囲気。

キャンプ場に着きましたので、ベンチに腰掛けて本日の総括休憩。
まったり〜。
前半の桟敷山は春から夏の花の山かな、紅葉も良かった。
そして村上山は、スノーシューが似合う山かも知れないね。

そんな暢気な二人を包むこの辺りが、紅葉の見頃みたいでした。

 キャンプ場からの村上山

駐車場に戻ったら、奇しくも夢創歩さんと一緒になりました。
しかも車は隣同士

帰りは北軽経由、二度上峠越えルートにします。
途中のはまゆう山荘でお風呂に入りましょう。
ところが、コンサートがあるとかで満車御礼状態なので諦めて帰りました。

 嬬恋、真田街道         ▲ 北軽、二度上峠経由で帰宅