2014.05.02 (金)                         K2Couple No0452 

白州 日向山
ひなたやま(山梨県)
1,660m
山梨シリーズ/甲斐駒、八ツの絶景

コース最大標高差 : 545
コース累積標高差(+) : 620
コース累積標高差(-) : 620
コース沿面距離 : 6.4 km
行動時間 : 4'15"

* 距離と累積標高差は GARMIN GPS data です

 雁ヶ原から八ヶ岳

  5:15 = 藤岡IC(上信越道)下仁田IC = 内山峠 = 7:00 JR野辺山駅 7:10 = 8:00 尾白川林道 矢立石p

 矢立石p 8:25 - 9:20 錦滝 9:35 - 10:25 鞍掛山分岐 - 10:55 雁ヶ原(L) 11:25 - 11:30 三角点 - 12:40 立石p
 矢立石p 12:50 = 13:10 道の駅白州 13:30 = 14:20 甲斐武田神社 14:55 = 15:30 昇仙峡散策 16:35 = 17:00 本宮温泉 17:55 =
 18:40 深田記念公園p (車中泊)

  日向山の場所
  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)

本宮温泉 (¥600)

 今年の五月連休は近くで過ごそうということで、富士山展望シリーズ@山梨となった。
 山梨県には魅力的で興味をそそる山が多いのですが、何故か今までほとんど登ってないのであります。
 高速道を使いにくい甲府方面なので、基本的には往復とも一般道を走り、車中で二泊という超廉価バージョンです (^^;
 まず初日は、
南ア前衛の山でファミリーハイクにも絶大なる人気を誇る日向山です。

この連休は、関東地方は何処も高気圧に覆われて快晴のはず、群馬も良い天気に恵まれました。

藤岡IC=下仁田ICだけ高速を走り、R254の内山峠越えです。
荒船山は、すっぽりと雲に覆われていました。
冬期には霧氷の出来やすい山なんですよ。

そして、長野県に入ったらドンヨ~リ
そんな中、丁度見ごろになった桜を眺めながら山梨をめざしますね

 R254内山峠手前から荒船山
                                スッキリ八ヶ岳

野辺山まで来るとバッチリ晴れて、八ヶ岳が綺麗に輝いていました。

懐かしいJR野辺山駅に寄ってトイレタイム。
余りに可愛い駅なので、誰でも絶対寄りたくなりますよね。

駅前通りの並木に、赤岳が雄々しく聳えています。

 おとぎ話に出てきそうなJR野辺山駅            ▲ 八ツの盟主、赤岳

北杜市に入ると、鳳凰三山や北岳、甲斐駒ヶ岳も負けてませんよ。
何てったって、南アルプスって言うくらいですから (^^
その美しさは額に入れて飾りたいくらい。

遠くに見える富士山も、この時は絵に描いたようでした。
山上からも眺められるからと思って撮らなかったのが悔やまれる訳で。

きょう見た富士山の中では、この時がベストビューでしたね

 甲斐駒方面
                            ▲ すごい! 鳳凰三山と北岳
                            ▲ すごいすごい! 鳳凰三山から甲斐駒まで

細い林道をどんどん登って行くと、前の車が急に止まりましたよ。
そこが矢立石の駐車スペースでした。
すでにぎっしり(数台)停まっていて、駄目かと思った。

切り替えしてギコギコしていた車をおいちゃんが誘導して、そのあと奥の様子を見に行ったら空いてるって、良かった~ (^^
後続の車とともに奥に進み、これまたギコギコしてギリギリセーフで駐車できました。
登山口の真ん前

 矢立石駐車スペース

次々出発して行かれる人たちは、目の前の登山道に入っていきます。

私たちは、錦滝を回って山頂に行くつもりですので林道直進。
連れはいませんでした。

 登山口

林道を進んだ先に、車を停められそうな場所もあります。
ただ落石覚悟で停めなければなりません

林道に車止めゲートが現れ、
『錦滝から山頂へは通行注意。山頂から錦滝への下りは通行禁止』 と。
『矢立石登山口から錦滝までの林道は、土砂崩落により通行できません』とも書かれている。

自己責任という都合のいい言葉を並べて、予定通り行動しますね。

 自己責任で進入するはらっぱ

尾白川林道から鳳凰三山      ▲ 地蔵岳オベリスク ( 左の□部分拡大 )
 大雪の名残り              ▲ 落石ガラガラ

林道からは、ず~っと甲斐駒や鳳凰が見えています。
私は数少ない花を探しながら、ほとんど山側の下を見ながら歩いて行く。
「山側は落石にやられるぞ」って脅かすんです、おいちゃんが。

確かに!あちこち大きく掘れたり大きな石が転がったりしています。
日陰には残雪もありました。

 歩きやすい場所も多い         ▲ 結構面白かったりして (^^;
 ガードレールも形無く        ▲ 倒木散乱して足の踏み場もない
 甲斐駒にミツバが花を添えて           ▲ ちょっと素敵な林道

 キケマン  タチツボスミレ  ミツバツチグリ
 アケボノスミレ  カントウミヤマカタバミ  フデリンドウ  イワボタン

 グチャグチャ           ▲ 甲斐駒は綺麗だった
 ヤマザクラも咲いてるよ            ▲ 追い越していった人

林道の真ん中に、無残な鹿の屍があり目をそむける。
歩いていると何か死臭が漂う場所があり、嫌な感じになった。
錦滝までに、結局3頭の屍に遭遇。
鹿も今年の大雪の犠牲になったのでしょうね。

単独の男性に追い越された。
私たちの他にも、来る人いるんだね (^^

 大規模な岩の崩落地帯を通過

さっきの男性と錦滝の東屋でご一緒します。
彼は、辺りを見回すでもなく東屋でゆっくり休んでいました。

その地元の男性によりますと、林道が去年よりかなり荒れているとのこと。
沢の中や雪の中に埋もれた鹿を7頭も見たそうです。
私たちはなるべく見ないようにしていたので、気付きませんでしたが。

飢えたのか雪崩遭難なのか ・・・ 可哀そう
雪に閉じ込められてしまったのかも知れませんね。

 錦滝の東屋が見えて

ひとしきりお話を伺ったあと、滝やハナネコノメの写真を撮ります。
滝の謂れは知りませんが、ほどほどの水量で主従二筋寄り沿うように岩肌を流れ落ちておりました。

おいちゃん曰く ・・・
錦滝と言うよりは、流されて二人滝  
(意味不明 ^^;)
別々に生きても、元を辿れば一緒、行き着くとこも一緒という深~い意味さ。

              ▲ 錦滝東屋
 流されて二人滝               ▲ ハナネコノメ

単独男性とお別れして、先に出発。

いきなり急斜面ですがね。
咲き誇るトウゴクミツバツツジを見ながら、グングンと登って行きます。
足だけでは不安定なので、木の枝や根っこを掴んで登りますよ。

標識にはハイキングコースと書かれていますが、ハイキングコースとはちょっと違う趣でした。
ルンルンらんらんスキップして歩ける道ではありませんね。

 ミツバツツジに励まされる急登

単独男性が、すかさず追い付いてきました。
どうぞどうぞ、お先にどうぞ (^^

だいぶ上の方まで登って、ようやくドリンク休憩をします。
疲れちゃいないけど急いでもしょうがないもんね 思いっきり強気。
この方とは雁ヶ原で再会できましたよ

 クサリもあるよ           ▲ 馬鹿に出来ない急登
 不釣合いに立派な鉄階段もあったよ             ▲ 順調すぎるくらい
 根っこだし              ▲ ハナネコノメ

更に登って行くと右に白い斜面が見えてきて、鞍掛山の分岐を左に分ける。
ハナネコノメがいっぱい咲いてた。
すぐに砂地の道になります。

私は鳳凰三山の地蔵岳を思い出していましたが、おいちゃんは九州の高千穂峰を連想したらしい。

 一見雪山みたいで          ▲ 青空が開けてきました
 ミヤマスミレ           ▲ 個性的な白い岩が

雪のような砂地は、風化花崗岩の雁ヶ原。

下りてくるカップルさんがいます。
「登って来る人がいる」 という声が聞こえてきました (^^;
その二人は逆コースで、錦滝に下るようです。
気をつけてね~。

 甲斐駒 ◎ポーズ              ▲ また甲斐駒
                                     ▲ 雁ヶ原からの素晴らしい展望

砂の斜面を登ると、思わず「ワオー!」と叫びたくなる展望ですよ。
一際大きな甲斐駒が威圧的に聳えています。
それに比べたら、八ヶ岳はちょっぴりたおやかな感じに見えるし。
想像通り、素晴らしい展望の山です。
富士山は残念ながら雲がかかり、木々にも邪魔されてはっきりしなかった。

足元から急勾配で谷に落ち込んでいます。

 3000m峰ちっくな雰囲気         ▲ 若者を追って最高点をめざす

                            ▲ 待ってました八ヶ岳さん
                  ▲ 山梨百名山山頂標識から、振り返ってまた撮っちゃいます

八ヶ岳を正面に、砂地の上でランチタイム。
初心者が見たら、いっぺんに山のとりこになりそうな景色が広がっています。
私も15年前に、唐松岳から剱立山を見て山に嵌ったっけ

下山は尾根沿いにファミリーコースを下ります。
ほとんど樹林帯の中で、花も少なくちょっぴり物足りない道ですよね。
時季が変わればいいのかしら。

 樹林越しの甲斐駒
 フモトスミレ  ツルキンバイ  ワチガイソウ  クリンユキフデ
 マイヅルソウ  トウゴクミツバツツジ  カントウミヤマカタバミ

道端キョロキョロ、お花探しののんきな下山道。
家族連れが何組も登って来られました。

登山口に近づく頃、ミツバツツジが元気です。
あちこちで彩を添えてくれますね (^^

 もうすぐ登山口です

車に帰りますと、両隣の車は入れ替わっていました。

まだ午後1時前です。
茅ヶ岳の登山口へ行くには早過ぎるので、何処か寄って行こうか。
まだ行ったことのない武田神社はどうかな。
(茅ヶ岳を通り過ぎるけど)

そうしよ そうしよ (^^

 帰ってきましたよ

道の駅白州に寄って、温泉の情報収集。
サクラソウとジャコウソウを売っていたので、買っちゃっいました (^^;
家に帰るまで、車内で水遣りで~す。

甲府に向かって正面に富士山が見えているのですが、残念ながら雲が掛かってはっきりしなかった。
朝キレイなときに撮っとけばね~。

 茅ヶ岳を通り越して
 甲府市内ハナミズキの街路樹           ▲ 富士山ボンヤリ残念

甲斐武田神社に参拝しましょう。
もちろん風林火山の信玄公ゆかりの神社です。
お祀りしているのは日本書紀の神ならず、戦国時代の武将武田信玄という勇ましい神社ですよ。

神橋を渡って参道を進み、拝殿にてお願いごと多数。
境内を簡単に散策して、あっけなく終了です。

 神橋を渡って
 武田菱の灯篭           ▲ 拝殿にてお願いします

暑くて暑くて、冷たいうどんが食べたくなったけどお店が見つからない。
武田の杜方面まで車を走らせますが、うどんの音沙汰なし

結局、昇仙峡まで行っちゃいました。
RW駅前にあった流しそうめんの看板に釣られて、速攻注文しちゃいます。
ほんの少ししかないのに¥700、高すぎないかい。

来たことのあるはらっぱのガイドで滝を見物しに行って、買う気もないのに水晶のお店を見て廻ります。
『お客さん 水晶パワーで開運間違いなしだよ~ 』 

 昇仙峡のシンボル的景色
 昇仙峡ロープウェイ駅       ▲ 中途半端な時間なので、他に客なく
           ▲ お土産屋さんが並ぶ
 仙ヶ滝           ▲ 階段を登ったり下ったり

流しそうめんのお店の人から薦められるままに、本宮温泉へ直行。
こじんまりした温泉でしたが、温いお湯でまったり疲れを流す。

コンビニで買出しをして、尾根コースの登山口の下見をしたのち深田記念公園の駐車場へ向います。
駐車場では2台でしたが、もう1台の車には人の気配がありません。
ここのトイレはとても綺麗で、しかも暖房便座付きがありがたい。

北斗七星と三日月様の下で、山梨シリーズの初夜を迎えました (^^

 三日月様にっこり (^^