2001.06.02 (土)                          K2Couple No.0043

四阿山 根子岳
あずまやさん ねこだけ(群馬県・長野県)
2,354m

       四阿山 2354m 根子岳 2207m

お嬢同伴の四阿山は、深田百名山

コース最大標高差 : 775
コース累積標高差(+) : 1,015
コース累積標高差(−) : 1,015
コース距離 : 10.6 km
行動時間 : 8'05"
* 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません

 根子岳から望む、堂々たる四阿山

  4:15 = 藤岡IC(上信越道)5:20上田菅平IC = 6:00 菅平牧場p
 菅平牧場p 6:05 - 6:30 大明神沢出合 - 7:20 (P1917) 7:25 - 8:05 中四阿 8:20 - 8:55 根子岳分岐(L1) 9:05 - 9:25 四阿山 9:30 -
 9:50 根子岳分岐 - 10:30コル (L2) 11:25 - 12:10 根子岳 12:30 - 14:10 菅平牧場p
 菅平牧場p 14:30 = 15:15 新鹿沢温泉 16:15 = 16:30 地蔵峠 = 小諸IC(上信越道)藤岡IC = 18:05

 四阿山の場所

新鹿沢温泉 ホテル鹿鳴館 (¥500)

 日本武尊が東征からの帰り、鳥居峠の上に立って東を振り返り、弟橘姫を偲んで「吾妻はや」と嘆かれた。
 そこで峠のすぐ北にそびえる山を吾妻山と名づけた、と言われる。
 その山から上州の方へ流れる川は吾妻川であり、東側は吾妻郡であり、嬬恋というロマンチックな名前を持った村もある。
 上州の吾妻山は信州では四阿山と呼ばれる。
 四阿という名前もなかなかいい。
 山の形があずまやの屋根に似ているところから、その名が由来したと言われる。
 たしかにそんな風にみえる。
 信越線の上田に近づくと、神川の谷の奥に、遥かにこの山の望まれる所がある。
 頂上がやや左に傾いだ屋根型をして、その右端に乳首のような丘が盛り上がっている。
 いい形である。
 昔の人はただどんな山でも名山とは呼ばなかった。
 眺めて美しい、品格のある山でなければならなかった。
                                                                        深田久弥 『日本百名山』 より抜粋

 四阿山(2354m)は、上信国境では浅間、黒斑に次ぐ高峰で、吾妻山とも呼ばれる。
 かつて人々が土に生きていた頃、農耕に欠かせない水の源であり、清浄で近づきがたく大いなる山は神として尊崇された。
 四阿山もそういう山の一つである。
 深田久弥「日本百名山」にも、「ピッケル・ザイル党には向かないかも知れないが、しみじみとした情緒を持った日本的な山である」と書かれている。
 「吾妻山落葉松地帯末枯れてこの高原に飛ぶ鳥もなし」前橋の歌人浦上一H(いったい)の歌であるが、山麓の広大なカラマツ林を抜けて、嬬恋・
 浅間高原を眼下にしながらの明るい登り下りは、この山ならではの楽しさである。


                                                                                  上毛新聞社 『群馬の山歩き130選』 より

REIREIに付き合ってもらって、ふたたびの親子山行です。
多分山など登りたくはないのだろうが。
親の誘いを受け止めてくれる、優しい娘でございます

菅平牧場からの周回コースを歩く。
菅平牧場の駐車料金は1台当たりではなく、乗ってる人数X200円と言う珍しいシステムだった。

 牛に見送られて出発です

準備体操中の団体に先駆けて、スタートします。
牧場を横切る登山道に入って間もなく、朝の北ア
が間近に見られ素晴らしい。

3partyと単独数人とダブりながら、樹林帯をしこしこ抜けてP1917に出ると大展望が開けた。
左には、荒々しい噴火口むき出しの根子岳。
正面には、威風堂々四阿山が横たわっていた。

 徐々に根子岳が姿を現す

ダケカンバも風雪に耐えて、曲がりくねっている。

快調に高度を稼ぐも次第に傾斜がきつくなり。
ヘロヘロになりながら、中四阿に辿り着く3人組だった。

根子岳分岐下の開けた所で軽く腹ごしらえして、四阿山最後の登りをかけます。

 展望の中四阿で大休憩

直下の真新しい階段を登って山頂に到着すると、通い慣れた浅間山塊が一望のもとだ。

北アはすっかり霞んでしまった。
頚城方面はと言うと、焼山、火打の頂は白いが妙高は黒い。

長細い山頂。
上州祠と少し離れて信州祠がある信仰の山である。
さすが2,000b超の山頂は風が冷たく。
セーターを羽織って寒さを凌ぎ、展望を楽しんで早々と退散する。

 四阿山頂上で

 我が隊のアイドルは根子岳鞍部で、お昼寝中です 

笹の草原が広がる気持ちのいいコルで本格的な昼食タイムをとり。
思いっきりだらけまくる。
REIREIは熟睡突入です。

根子岳の火口壁は、奇岩がむき出しになっている。
巨岩と巨岩の狭い空間を攀じ登る。
また噴火口の崩壊地を通って、ちょっとスリルを味わいます。

 根子岳

根子岳山頂はだだっ広く。
多くの登山者達がそれぞれに展望を楽しみ、賑やかにやっていた。

花の百名山に数えられているらしいが。
ちょっと時期が早かったようで殆ど咲いていなかった。
ショウジョウバカマ、ミヤマキンバイ、コイワカガミ、オオカメノキ、ミネザクラなど。

 根子岳崩壊地の笹を行く
 乗り越えて来た大きな岩  根子岳山頂の祠  ヒメイチゲ

下山途中に雲行きが急に怪しくなり、せっかちな雨が降り出した。
しかし牧場に着く頃には雨も上がり。
余裕綽々おしゃべりしながら、楽しい山行の締め括りだ。

牧柵周辺には、アヅマギクが可憐な紫の花弁を風に揺らして。
心和むフィナーレを演出していた。

 下山中です

菅平牧場の売店でソフトクリームとアイスを注文。
外のベンチでとりあえず下山祝いです。

裾野を美しく広げた四阿山と根子岳を、浅間山塊から幾度眺めたことだろう。
その度に憧れがどんどん大きくなっていった待望の山。
ようやく登ったという実感が湧き上がるのだった。

以前登ったことはあるのだが、MKさんと嬬恋からロープウェイを使ったチョンボ行だったし、おまけに視界ゼロだったので登った気がしなかった。

バテバテの身体を新鹿沢の天然温泉で癒したのち。
長野原北軽ルートは時間がかかりそうなので、地蔵峠に向かい小諸から上信越道で帰ってきました。

 菅平牧場で見かけたラブラブ