2013.11.30 (土)                        K2Couple No.0436

両崖山 天狗山
りょうがいさん てんぐやま(栃木県)
259m
       両崖山 251m 天狗山 259m
第2回のんべえば〜会 

コース最大標高差 : 220
コース累積標高差(+) : 515
コース累積標高差(−) : 515
コース沿面距離 : 6.6 km
行動時間 : 7'10"

* 距離と最大標高差・累積標高差は GARMIN GPS data です

 天狗山だけど谷川岳だよ (^^;

  7:40 = 前橋南IC(北関東道)足利IC = 8:45 織姫公園p

 織姫公園p 9:10 - 9:35 鏡岩展望台 9:45 - 10:10 両崖山岩場(天狗の腰掛岩) 10:15 - 10:20 丸太見晴台(L1) 10:50 -
 10:55 両崖山 11:00 - 紫山 - 11:35 天狗山(L2) 14:00 - 14:25 富士見岩 14:30 - 15:35 物外軒 15:50 -
 16:10 織姫神社 - 16:20 織姫公園p
 織姫公園p 16:35 = 太田IC(北関東道)前橋南IC = 17:50

   両崖山の場所
  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)

楽しみにしていた11月生まれの山友の会です。
誰かさんのせいで、『ノーベンバー会』 が転じて 『のんべえば〜会』 とかいう怪しい名前になってた (^^;

天気は上々、素晴らしい誕生会日和になりました。
ワクワクしながら家を出ると、黒檜が霧氷をまとって手招きしています。
誘惑を振り切って、待ち合わせ場所へ急ぎましょう。

先週は黒かった八ヶ岳も、きょうは白く輝いていますね。
足利市からは富士山展望付のドライブです。

黒檜が霧氷ですよ

織姫神社の上の織姫公園の駐車場が集合場所。

既に、石塚隊ご夫妻とkazuさんご夫妻が待機してました。
みちほ隊は、1分前に滑り込んで間一髪セーフ。
きょうは、4夫婦とさくらちゃん♀の珍道中になりそうですね。

トイレを済ませていざ出発。

全員そろった織姫公園
トイレ前の広場            ▲ 初めてのもみじ谷へ

もみじ谷の紅葉は終盤でチョッと寂しかったけど、無理やり楽しんでワイワイガヤガヤ賑やかに歩きます。

紅葉を鑑賞したのち、登山道っぽく鏡岩の展望台に登って行きます。

紅葉は思いっきり終盤
太田金山              ▲ モミジだに〜
全体的にはこんな感じ           ▲ 登山道に続く階段から

振り返ると富士山が見えてますねえ。
何気に大きく見えました。

鏡岩展望台からは、天気が良いとスカイツリーが見えるのですが、きょうは見えると言う人もいれば見えないと言う人もいる。
要するに、はっきりしなかったって訳で。

富士山と足利の町           ▲ 富士山ちっくな浅間山
スカイツリーは何処だい         ▲ 中間の小ピークを越えます
岩っぽく             ▲ ドウダンツツジ

                           ▲ 岩場(天狗の腰掛岩)に到着

尾根の登りは岩岩っぽくなって、低山とは思えない楽しさです。
道沿いのヤマツツジが狂い咲きしてました。

岩場に着いて撮影タイムに突入。
モデルは人気アイドルさくらちゃんですよ。
マネージャーにムリムリ登らされてたし。

あんたどうする? 登る?               ▲ 展望秀逸
さくらちゃんもおだてりゃ岩に登る (^^          ▲ おだてなくても登る人たち
装備もパンパンだし北アルプス縦走中みたい          ▲ 変なおじさんが二人いた

何気にみんなデカザックだし、五龍岳登ってるみたい (^^
気分は北ア縦走最高

ザックの中身は、おそらくみんな食料だけだろうけどね
大展望を堪能して、そろそろ鹿島槍でもめざしましょうかね。
そうしよ そうしよ(^^

鹿島槍に向けて出発 (^^ なんちゃって隊

丸太で組んだ展望台に着いたら、速攻おやつ休憩。
ポカポカ陽気で気持ちいいよね。

山頂が待ちきれず、お土産の披露宴が始まっちゃいました。
早く分けちゃえば軽くなるしね。

わぉ〜
みちほザックから、心のこもったサプライズケーキが出てきました。
kazuさんの紅茶サービスも絶妙のタイミング、とっても美味しかったわ。
ここで誕生会して帰ってもいいよね、 なんてズル言ってるのは誰だ〜。

展望台から足利市街地
誕生日おめでとう のおもてなし 人数分あるし          ▲ 紅茶付きで美味しいよお
                                        じゃ〜ん、男体山

天狗山名物の天狗のお札を作ってる方にお会いしましたよ。
ここでお会いするなんて超ラッキーです。
天狗山は大盛況でもうお札はないだろうとのこと、でも特別に ・・・ とザックから一束まとめて出して下さいました。

え〜っ嬉しい ありがとうございます。
サプライズ続きだよね。

両崖山頂下の広場           ▲ 両崖山頂はスルー

両崖山頂下の東屋周辺のモミジはまだ綺麗でした。
で又撮影しまくり大会。

山頂は軽くスルーして、天狗山をめざします。
と言うか、宴会場をめざしますね。

 いちおう挨拶して

両崖山を下りたところに、ヤブコウジの実が絨毯のように広がった場所がありましたよ。

 ヤブコウジの群落

紫山通過。
北関東道を眺めて、プチ急下りがあります。
そしてポコポコ散策路を進みます。

天狗山に登る手前で、自転車に乗ってる人がいますよ。
来月15日に自転車のオフロード大会があるとかで、コースを整備している人もいました。

 通過点の紫山
北関東道五十部トンネル              ▲ アブラツツジ
両崖山を下る              ▲ ポコポコ道
大岩町分岐スルー             ▲ 天狗岩を登る
ぞろぞろ         ▲ さくらちゃんも登っちゃうもんね

天狗岩を登って、きょうの目的地天狗山に到着。
大勢の人が食事中でしたが、ベンチが空くのを待って場所確保します。

持ち寄ったご馳走がおてんこ盛りで、テーブルが即満杯です。
まずビールで乾杯!
11月生まれのkazu♂さん、みちほ♀さん、石塚♂さん、そしておいちゃん♂、お誕生日おめでとう。

11月生まれじゃない人も一緒にカンパ〜イ!

天狗山頂
出る出るいっぱい出る              ▲ 宴たけなわ

町から正午のチャイムが流れてくる里山。

石塚さん家が担いできた「谷川岳吟醸しぼりたて」(みんな飲んじゃったよ)が登場して、宴会は絶好調の盛り上がりです。
そしたら今度はみちほ隊から高級ウィスキー投入。
2時間半も飲んで食べてしゃべりっ放しよ。

大勢いた人も後から来た人も、気がついたときには誰もいません。
私たちも切り上げて帰りましょうかね。

 時の経つのを忘れて
 浮かれてヤマツツジも咲いちゃってるし          ▲ お客さん♪時間ですよ〜

富士見岩まで足を伸ばし、また集合写真を撮って。

分岐まで戻って、ひたすら真っ直ぐ進みます。
ちょっとしたアップダウンがある尾根です。

 これくらいのアップダウン
 富士見岩で         ▲ 記念撮影 (by 渋川写真館)

分岐まで戻ったら、先回りしたおいちゃんがいじけて座っている
と思ったら、一人でこっそり紅茶を飲んでいたのだった (^^;
酔い覚ましでっせ。

て、今度はちゃんと町に下りますね。
ほろ酔い機嫌の数名は、快調な千鳥足でダッシュ
須永山、観音山とか通過して常念寺に下ります。

分岐にいたいじけっ子           ▲ 熟女ギャル勢ぞろい
はなはな石塚隊              ▲ 赤城kazu隊

昨年はMICHIHO隊と誕生会を2回もやった、@榛名 A冬桜
その誕生会の後、net上で自己申告のあった2カップルが今回参加してくださいました。

歩き方に現れるカップル善哉。 冗談ですよん (^_-)-☆
石塚隊.............. 何気に奥様をサポート (^^
kazu隊.............. 三歩下がって主人の影踏まず。
MICHIHO隊...... ワイルドだろっ お〜い置いてくな〜 (^^;
K2隊.................. ヒミツ (^

まだ他に11月生まれの同志がいるといいね。

山ごもりMICHIHO隊
                             ▲ 山の子はみんな仲良し

ジャノヒゲ(リュウノヒゲ) ▲ ガマズミ ▲ タンキリマメ ▲ シオデ ▲ マユミ
▲ アブラツツジ ▲ アオツヅラフジ ▲ コウヤボウキ ▲ ヒヨドリジョウゴ ▲ ヒメジョオン

 庚申塔                ▲ 常念寺?

常念寺に出て、階段を下ると車道です。

物外軒という、ひときわ紅葉の綺麗な庭園を見つけてお邪魔します。
足利市指定文化財(建物)、国登録記念物(名勝地)らしい。
期間限定ではありますが、入場無料。

美しい庭園に触れて、みんなで心豊かになりました (^^

 最後の下り
                             名勝、物外軒にて

                                ▲ にっこりほっこり

高徳寺の横を通って織姫神社へ。
おいちゃんがやると思ったらやっぱりやった。
ゴ〜ン

両崖山・天狗山周辺という大まかなスケジュールはほぼ終了。
織姫神社まで、街中を闊歩しますね。

 なんだかんだ歩く
                           ▲ 紅葉に染まる織姫神社の石段

織姫神社の石段を登ると、きょう一番の紅葉が待っていました。
綺麗な紅葉の下を登る石段って、風情たっぷりです。
きれ〜やねえ。

帰りははらっぱが運転なので、交通安全の祈願をしておきましょう。

 はいポーズ
 縁結びの織姫神社           ▲ 秋の短い一日が暮れる

秋の陽はつるべ落とし。
駐車場に戻ったときにはすっかり日が傾き、西の空は茜色です。
皆さんと再会を約束して、それぞれの帰途につきました。

夕焼け空を映す高速道路からは、浅間山や荒船山のシルエットが楽しかった一日のフィナーレを飾っていました。
みなさん ありがとうございました。

すっかり暗くなって高速を下りたら、渋滞気味の道をノロノロ。
助手席のおいちゃんは、気持ち良さそうに眠っていました。

 浅間シルエット

 ☆ レポ作成に当たり、ご参加の皆様から提供された写真をたくさん使用しています。 この場を借りてお礼申し上げます。