2013.06.01 (土)                        K2Couple No.0413

鍋割山
あかぎ なべわりやま(群馬県)
1,332m
初めてのおつかい、はらっぱ編

コース最大標高差 : 305
コース累積標高差(+) : 550
コース累積標高差(−) : 550
コース距離 : 7.2 km
行動時間 : 3’05”
* 距離と累積標高差は KASHIMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
 ミツバツツジ最終便
  7:50 = 前橋 = 8:50 芝の駐車場
 芝の駐車場 9:10 - 9:25 ふれあいの十字路 - 9:45 荒山風穴 - 9:50 荒山高原 10:05 - 10:25 火起山 -
 10:50 鍋割山(L) 11:10 - 12:15 芝の駐車場
 芝の駐車場 12:20 = 上武道路 = 13:25

鍋割山の場所


早起きしてやサンドイッチを作って行く気満々だったのに、おいちゃんは持病の腰痛のせいで、きょうも山には行かないと言う。
赤城のヤマツツジが綺麗だし天気もいいよ〜と、いろいろ誘惑
(悪妻だし)してみたけどSWが入りません。
じゃ私一人で行こうかな ・・・ どうぞどうぞ (^^

姫百合の駐車場は既に満車で、路上駐車を覚悟していたら芝の駐車場はまだガラガラでした。

 芝の駐車場から地蔵岳

こちらの登山口から入山するのは初めてです。

早速、真吾さんやkazuさんのHPに載っていた九輪草がありました。
な〜んだ、ここに咲いてるのか〜

 こんなのもあった (赤城山/生活環境保全林)

私の前にも後ろにも誰もいません、今のところ。
こっちの方が歩きやすくていいかも〜。

すぐに、いつもの登山道と合流します。

 九輪草は終盤で

チョッと寂しかったけど、すぐにヤマツツジが現れて元気が出るはらっぱ。
単独で山を歩いている女性は偉いなあ凄いなあと、つくづく思う。

ふれあいの十字路という分岐には、立派な標識がありました。
そういえばこの道を登るのは5年ぶりくらいかな。

 ふれあいの十字路

階段を登って暫く行くと、記憶に残っているイワイワの道になります。

荒山風穴では、涼しい風が漂っていましたよ。
寒暖計があり、往きの温度は8℃、帰る時は10℃でした。

足元の花をカメラに収めながら、のんびりマイペースで歩きましょう。

 荒山風穴

 クマシデ  ミズキ  ツボスミレ  コアジサイ  ニガイチゴ
 ツクバネソウ  アオテンナンショウ  ツクバネウツギ  キジムシロ  フイリフモトスミレ

花を探してキョロキョロしてるうちに、荒山高原に出ました。
ず〜っと樹林の中を登ってきたので、開放感たっぷりの荒山高原ですよ。

さっそくヤマツツジと荒山の写真を撮りますね。
小さな花を探すのも忘れません。

 荒山高原
                             ▲ ヤマツツジと荒山(右奥)
 荒山高原から鈴ヶ岳          ▲  咲き残ったミツバツツジ

ミツバツツジは、ほとんどが散ってましたね。
広場をグルグル廻ったら、1本だけまだ綺麗な木があったよ。

レンゲツツジはまだ蕾、ツツジの最後を飾るんですよね。

 レンゲツツジはまだ蕾

あとから登ってくる人たちは、みんな鍋割山へ行っちゃった。
荒山に登るつもりで来たけど、何気に寂しそうです。
ちょっと心細くなっちゃいました。

やっぱり人が大勢いるほうがいいな〜。
あっさり心変わりして、賑やかな鍋割山へ行くことにしちゃいましたよ (^^;
寂しがり屋でしゅ。

 いいな♪恋人同士かな (^^
 マイヅルソウ  ウマノアシガタ  ズミ  サクラスミレ

鍋割稜線は前も後も人がいるので、とっても心強い。

ヤマツツジも延々と咲いているし。
明るく開けて、急登もなくチンタラ歩けるしね。
いいじゃん (^^

 鍋割プロムナード

稜線からは榛名山の上に薄っすらと浅間山です。
谷川連峰も、気合で見えちゃいます。

足元には、サクラスミレやキジムシロなど大好きな稜線です。

 榛名の上に浅間山
                              ▲ 明るい鍋割稜線
 でっかいズミ (コナシ)           ▲ これが人面岩かな (^^;

 ニオイタチツボスミレ  ツクバキンモンソウ  ヒメハギ  ツマグロヒョウモン  タチツボスミレ

鍋割山頂は、大勢の人で超賑やか。
活気に溢れていました。

私の住んでる町からこの山頂が見えるのですが、きょうはすぐ下の前橋(県庁)がやっと見える程度でボワ〜っとしています。

独りランチは寂しくて、 を味気なく食べた。
山頂からおいちゃんにメールしようと思ったけど、携帯画面が反射して見づらかったので諦める。

 鍋割山頂の賑わい
 鍋割三角点          ▲ みんな楽しそうでいいなぁ

 ヤマツツジ燃えるトンネル            ▲ ハデハデな花やね〜
 気持ちの良い青空だけど          ▲ 新しく命名された山だね
                               ▲ この景色ダイスキ

山頂でノンビリする気分にもなれず、即退散しますね。

帰りも鍋割稜線をポコポコ気持ちよく歩いて、荒山高原は休まずスルー。
樹林に囲まれた道に入れば、新緑が眩しく深呼吸して下ります。

風穴で温度を確認して、登山口へGO〜。
気楽に花(ツツジがメインかな)を楽しめる山なので、私が下山中にもまだまだ登ってくる方がいました。

 緑のポコポコ道

目的の山は変えてしまいましたが、初めてのおつかいのゴールは近い(^^
寂しかったけど、楽しかった〜。
ノンビリしたかったけど、何気に早く終わってしまいました。

駐車場に戻って、おいちゃんにカエルコール
「気をつけて帰れよ」と言われたけど、「偉かったな」とは言われなかった。
初めてのおつかいだったのに

 ミツバウツギ
 駐車場に着きました      ▲ 姫百合駐車場はご覧のとおりの混雑