2001.04.28 (土)                         K2Couple No.0040

水ノ塔山 籠ノ登山
みずのとやま かごのとやま(群馬県・長野県)
2,227m

   水ノ塔山 2202m 東籠 2227m 西籠 2212m

山渓で記事を見て、すぐ登る単純さ

コース最大標高差 : 280
コース累積標高差(+) : 650
コース累積標高差(−) : 650
コース距離 : 8.4 km
行動時間 : 6'25"
* 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
 稜線上の赤ゾレと呼ばれる斜面と水ノ塔方面
  5:15 = 藤岡IC(上信越道)6:15佐久IC = 6:45 車坂峠 = 6:55 高峰温泉p
 高峰温泉p 7:00 - 7:10 うぐいす展望台 - 8:20 水ノ塔山 8:30 - 9:15 (L1) 9:25 - 9:40 東籠ノ登山(L2) 11:00 -
 11:25 西籠ノ登山 11:35 - 12:00 東籠ノ登山 - 12:40 湯の丸高峰林道出合 - 13:25 高峰温泉p
 高峰温泉p 14:30 = 15:10 佐久TORA邸 18:30 = 佐久IC(上信越道)藤岡IC = 19:30

   籠ノ登山の場所 
  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)

高峰温泉 ランプの宿 (¥500)

 高峰高原の水ノ塔山、籠ノ登山に、春の息吹と残雪を求めて久々のK2おそろい登山です。
 長野佐久地方は桜、梅、桃が一斉に花を咲かせて、春爛漫の香りが溢れる。
 五月連休初日にもかかわらず、朝早いせいか高峰高原は閑散として、観光客の姿は全くない。

高峰温泉まで車を乗り入れ、新調したおそろの登山靴LOWAの履き初め式に臨みます。

嬉しい〜

 おそろの登山靴
                              高峰温泉上部から水ノ塔山・籠ノ登山全景 

高峰温泉の玄関前が登山口。
水ノ塔山への登山道に入ると、所々雪が残っていた。

カラマツ林とクマザサの道を辿って、火山岩の砂礫を登る。
静かな山歩きが出来そうな予感がただよう。

 日陰には残雪

予想外の霜柱を踏みしめながら砂礫の登りはやがて露岩に変わり。
展望が開けてくると八ヶ岳や南、中央、北アが、陽光を浴びて空のかなたに浮かんでいた。

これほど綺麗に北アルプスを眺めるのも久しぶりだね。
白馬、五竜、鹿島槍、爺から槍穂高まで見事に連なっている。

 北アの山並み

水ノ塔山頂は頂上らしくなく、標識でそれとわかる。
北の四阿山、志賀、湯ノ丸、頚城山塊が鮮やかに目に飛び込んできて。
思わず双眼鏡を覗き込みます。

水ノ塔から東籠ノ登までは結構雪が多くい。
痩せた稜線北斜面の藪の中、雪上登りが結構手間取ります。
赤ゾレと呼ばれる崩壊地を北に捲きながら。
展望の良い小ピークを快調に越えて行く。

 水ノ塔山、岩稜の登り
 水ノ塔山頂  水ノ塔から籠ノ登へ続く稜線  籠ノ登山頂の雪田から浅間山

我隊の直ぐ下で、人が登って来るような気配(音)がしたが人は来なかった。
カモシカかな。
だったら惜しいことをしたが、熊だったらどうしよ。


直下の雪田を越えて、一等三角点のある広々とした東籠ノ登山頂に着く。
木や岩や土の雰囲気が、同じ烏帽子火山群に属する黒斑山とそっくりだ。

山頂から遮る物がない大パノラマを満喫し、そのままランチタイムの本番です。

 東籠ノ登山から四阿山遠望

缶ビールを雪で冷やしたり、岩礫の上でトカゲになったり、うどんを煮たり。
TORAに電話したり。
(OTAMAが就職説明会に参加する為に、TORAの家に来ていた)

今日は一人も出会わないのかと思っていたら。
家族連れが池の平方面から登って来た。

 東籠ノ登山頂でだらける

西籠ノ登山を空身で往復するも、缶ビールを飲んだせいか心臓バコバコ、頭はズキズキ。
私の身体は、行動中のアルコールに弱いと思い知る。

さてと、池の平と三方ヶ峰を正面に見ながら、カラマツの樹林尾根を下って行く。
意外に残雪が多く道は殆ど雪の下に埋もれていた。

 西籠ノ登山頂

尾根沿いに兎平Pに下る計画だったが、途中で歩きやすそうなショートカットルートをとり、首尾よく林道の中間点に下山できた。
と言っても、最後は林道に5mほどずり落ちて、汚れまくります。

林道をポコポコ歩いていると、通りがかりの親切な車が 「乗って行きますか」。
「ありがとう」でも林道歩きも予定のコースなので、感謝しながら辞退する。
ズボンが汚れているし。

水ノ塔山や赤ゾレなど、歩いたばかりの稜線を見上げながら。
おしゃべりしているうちに高峰温泉に着いた。
冷泉と熱いお湯に何度も入り、ジワジワと身体が温泉漬になっていくのを感じる。
風呂上りには、冷たい牛乳が美味しかった。

 湯の丸高峰林道をテクる

OTAMAが遊びに来ているらしいから、TORA邸に寄ろうという事になり。
チェリーパークラインを佐久に下る。

TORA&NANAPIが会社から帰るまで、昼寝タイムです。
OTAMAはTVゲーム。

みんなの顔を見て親の役目を果たし、REIREIの待つ群馬に帰りを急いだ。

 浅間サンラインから浅間全景