2001.02.03 (土)                         K2Couple No.0037

掃部ヶ岳
はるな かもんがたけ(群馬県)
1,449m
雪遊びしたくて榛名へ来ちゃった

コース最大標高差 : 335
コース累積標高差(+) : 355
コース累積標高差(−) : 355
コース距離 : 3.0 km
行動時間 : 2'50"
* 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
 榛名湖対岸から望む掃部ヶ岳
  7:45 = 榛名町 = 9:00 榛名湖町営駐車場
 町営駐車場 9:20 - 9:50 硯岩 10:00 - 10:10 分岐 - 10:30 (L1) 10:40 - 11:00 掃部ヶ岳 11:20 - 11:50 硯岩分岐 -
 12:10 町営駐車場(L2)
 町営駐車場 13:00 = 13:30 ゆうすげ元湯 14:15 = 15:40

 掃部ヶ岳の場所

榛名湖温泉 ゆうすげ元湯 (¥600)

榛名は山上に火口原湖を抱いた二重式火山で、外輪山の榛名富士、天目山、鬢櫛山(びんぐし)、烏帽子岳が連なり掃部ヶ岳はその最高峰だ。

榛名神社を過ぎる頃から路面は雪で凍結しており。
慎重に運転して榛名湖畔町営駐車場に車を停める。

国民宿舎榛名吾妻荘のわきの杉林から、そこそこ雪の登山道に入った。
日本海側は大荒れの天気で、雪雲を伴った寒波が榛名にも押し寄せており。
北方面や赤城山はすっかり雪雲に覆われていた。

 硯岩から榛名湖と吾妻荘

積雪は予想を越えて膝上まで(60cm位)あり、尾根上は風も強い。
急斜面をよじ登って硯岩に立つと。
氷結した榛名湖と湖上に散らばるワカサギ釣りの人達やテントが眼下に広がり。
対岸には端正な榛名富士が鎮座する。

コルに戻って稜線上の林間トレースを辿り、急な登りを稼げば山頂も近い。
緩斜面で小休止してコンビニおむすびとアンパンを立食した。
おいちゃん、血糖値が下がってピンチの様子。

上空は晴れているのに、雪雲が通過する度に日が翳って寒い。    

 喜ぶおいちゃん
 硯岩の分岐  行動食を  ちゃんと付いて来いよ

湖畔の宿公園からの道を合わせると、次第に尾根が痩せてきて南側の視界が開け、なだらかに登るとまもなく冬木立の美しい掃部が岳山頂に出た。

榛名外輪山や浅間、浅間隠山、西上州の山々、秩父連山がきれいだ。

杏ヶ岳(すもんがたけ)方面に下り杖神峠を経由して帰ろうと思っていたが。
今日は早く帰りたいということで来たコースを戻ることにした。

 山頂から浅間山
下りは新雪をラッセルしてドカドカ歩き。
あるいは滑り台のようになったトレース上を尻セードで滑り降りたり。
ダッシュで駆け下りてみたり。
童心にかえって雪の中で戯れるのであった。

強風に煽られると雪面から雪が舞い上がり。
さながらブリザードのミニ版のような状況です。
コルは風の通り道で。
登ったときにつけたトレースが、たったの2時間で完全にかき消されていた。

 浅間隠山も見えるよ、ほら

 下山して吾妻荘の駐車場横を歩いていたら、これから登るという夫婦に様子を聞かれる。
 車に戻ってコンロをセットし、本格的な昼食準備を始める。
 鍋焼きうどん、ラーメン、漬物におむすびその他いろいろあります。

 のんびり流れる雲を眺めていると、真綿のような雲の塊があるポイントまで来ると必ず消失する事を発見した。
 そこから先は関東平野まで、雲ひとつない晴天が見渡す限り広がっている。

 昨年入りそこなったゆうすげ元湯に向かうも、榛名富士RWの手前で通行可能かどうか様子を見ていると、よその車が深雪
 で立ち往生してしまったので 「こりゃ駄目だ」という訳でUターン。
 レークホテル廻りで行って見れば、湖畔道路はワカサギ釣りの車が延々と路上駐車していて通れるのは片側だけだった。

 待望の露天風呂は凍結のため残念ながら閉鎖、内風呂で温まる。
 帰りは凍結路の下りカーブでチェーン巻停車中の車に危うく追突しそうになったが、ドリフト族っぽくお尻を振りながら何とか
 回避した。
 場所を選んでチェーンを付けましょうね。