2007.03.24 (土)                        K2Couple No.0165

湯の丸山
ゆのまるやま(群馬県・長野県)
2,101m
春山スキーで無体力と未熟さを痛感

コース最大標高差 : 370
コース累積標高差(+) : 285
コース累積標高差(−) : 380
コース距離 : 3.9 km
行動時間 : 4'35"

* 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません

 遭難防止の鐘と湯の丸山南峰
  8:00 = 藤岡IC(上信越道)小諸IC = 9:20 地蔵峠p
 地蔵峠p - 10:05(ロマンスリフト)10:15 top - 10:35 あずまや(BF) 10:50 - 12:20 湯の丸山南峰 12:35 - 14:00 つつじ平 -
 14:30 リフトtop - 14:50 地蔵峠p

 地蔵峠p 15:00 = 15:25 布引温泉 16:40 = 小諸IC(上信越道)藤岡IC = 18:00


     湯の丸山の場所
  この地図は、国土地理院発行の地形図を使用したものである (経緯度線は20秒間隔)

布引温泉 御牧乃湯 (¥400)

 おいちゃんの腰痛のこともあり、今年になって本格的な山登りをしていないので、雪のあるうちに何処か行きたいな。
 池の平じゃ物足りないので、久しぶりに湯の丸山にしようとメールがあった。

 高速を下りて浅間連山を眺めると、南側には雪がないじゃないですか。
 湯の丸スキー場には最後のスキーを楽しむ人達がそこそこ集まっていますが、湯の丸山に雪はあるのだろうか。
 スキーで行こうかツボ足にしようか迷いつつ、不安と期待が交錯する中でスキーで行く事に決定。

湯の丸に登る時はキャンプ場からアプローチすることが多いのだが、今日は横着を決め込んでリフトを利用する。
チケット売り場で一回券を買い求めたら、「山登りですか?」
「そうです」と答えると、登山者届けを書いて下さいと言われた。

500円のチケットを買って、リフトに乗り込む。

 リフトを降りて湯の丸をめざします

つつじ平の東屋で遅い朝食を食べながら湯の丸山を見上げると、中間辺りに先行者二名、いいなあ〜。

私たちも遭難防止の鐘を通り過ぎ、いよいよ斜面に取り付きます。


 つつじ平の鐘       ▲ 最初の急登を抜けて(backは籠ノ登)
                                  ▲ つつじ平からの湯の丸山展望

中間点まで達した時、牧柵内をボーゲンで降りていく人がいた。
その時は、私たちも同じ感じでスイスイ滑って降りれると思ってたのに・・・。
そんなに甘くありませんでした (^^;

一年ぶりの雪山、一年ぶりのスキー。
しかもいきなりです。

 風が気になる頃(下方は臼窪湿原)

シール登高ギリギリ限界の急斜面に突入。
ジグザグをきって登りますが、板をフラットに置かなければずり落ちる。
両手両足に思いっきり力が入り、普段使わない筋肉総動員です。

高度に比例して風が強くなってくる。
おいちゃんは雪を踏み抜いて板ごと埋没し、必死に自力で脱出です。
南にルートをとると、雪の下は岩場になっているのだ。

 山頂直下から北峰と角間山と遥かに四阿山

風の吹き付けが厳しく、油断すると風に押し倒されてしまう。
倒れれば、起き上がるのに残り少ない体力の消耗戦です。

それでも、スキーを履いたままなんとか山頂にたどり着く。
北アの展望はもちろんないが、烏帽子がくっきりと見えた。


 強風に晒されながら        ▲ どうにかこうにか板を履いたまま
 山頂まで頑張りました     烏帽子岳をbackに別々のワンショットを撮る

腹はペコペコ、とにかく風の弱いところまで下ろう。
どこかゆっくり食事できるところがあるでしょう。
朝からおにぎりいっこだったことも、敗因のひとつになった。

南峰から北峰コル下部に向かって滑り込む。
が・・ガシガシのアイスバーンでスケート状態、安藤美姫ちゃんの世界です。
我が隊の技術ではうまく滑れない。

何とか沢筋に入り込みますが、今度は雪が重く柔らか過ぎて板をコントロールできません。
このまま下ったら鹿沢方面、大きく南に軌道修正です。

 南峰から北峰下部に滑り込むはらっぱ

南下するにつれて、今度はシャクナゲのブッシュ帯に突入です。
転べば雪深く沈没して、ザックをはずし板をはずさなければ起き上がれない。
かと言って板を着けなければ、股まで潜る。

何でもないところで転ぶようになり、疲れて足が踏ん張れなくなっちゃった。
夏道を求めて深い雪のトラバースが続く。

天気はだんだんと悪くなりつつあり、風音が一段と強くなる。
前線の接近で、天気は下り坂と分かっていた。

 ブッシュ帯で悪戦苦闘

夏道に出て、おいちゃんがラーメン休憩をしようと準備を始める。
ブッシュの中でお湯を沸かそうとするが、冷たい強風に煽られてなかなかお湯が沸きません。

湯の丸山の上空はすっかり黒い雲に覆われ、悪天候が近づいている。
ラーメンは諦めて少しでも早く下りよう、雨にでも降られたら最悪だ。

夏道の狭い急斜面は滑れる筈もないが、普通に歩けるのがありがたい。
スキー板を担いだり引きずったりしながらの下山に、こんな筈じゃなかった。
無様な姿を、誰にも見られなかったのが、せめてもの救いだよね。

 最後は少し滑れた (^^;

おいちゃんは相当疲れたらしく、腰痛持ちにはちょっときつかったみたい。
スキー場に着いても、もう止めた〜と言ってリフトで降りて行っちゃった。
はらっぱ足もガクガク、限界です。

地元の子供達が上手に滑って行く横を、恥ずかしいほどボロボロの滑りでやっと登山口に下りて来ます。

チケット売り場で無事下山した事を告げて、温泉へ走る。
地蔵峠を下る頃からポツポツと雨が落ちてきます。

 おいちゃんは、リフトに乗って下山

 布引温泉でガスる浅間連山を眺めながら露天風呂に浸かり、お腹いっぱい食事をして帰途についた。
 典型的なヘナチョコ山行・失敗山行だったが、それなりに楽しく反省点も大いにあった。
 上信越道の両脇は、白木蓮とこぶしの花が満開で綺麗です。