2001.10.27 (土)                          K2Couple No.0055

地蔵岳
あかぎ じぞうだけ(群馬県)
1,674m
秋の赤城山小沼を周回して地蔵岳へ

コース最大標高差 : 315
コース累積標高差(+) : 480
コース累積標高差(−) : 480
コース距離 : 5.9 km
行動時間 : 4'15"
* 距離と累積標高差はKASHMIR 3Dによる概算値です
* 距離は地図上のもので、実際の登山道の長さではありません
 長七郎山から小沼と地蔵岳
  8:45 = 10:10 大洞 = 10:20 覚満淵p
 覚満淵p 10:25 - 10:40 鳥居峠 10:45 - 11:05 小沼平 - 11:30 長七郎山(L) 12:30 - 12:45 小沼 - 13:05 八丁峠 -
 13:40 地蔵岳 13:55 - 14:40 覚満淵p
 覚満淵p 14:55 = 15:15 赤城温泉湯之沢館 16:10 = 17:30

 地蔵岳の場所

赤城温泉 湯之沢館 瀬音大露天風呂 (¥600)

深田百名山ゲットの旅が続いたので、今週は休むつもりだった。
が、またしても週末の天候は良さそうなので赤城山の外輪山で気になっていた長七郎山とおとぎの森、そして地蔵岳を登りに出かけることにする。

久しぶりに買出しもなく、高速道路も走らない超廉価版山行です。

駐車場に車を停めて覚満淵(かくまんぶち)の散策コースを歩き始める。
我が隊の装備が目立つらしく、鳥居峠では観光客に奇異な目で見られた。
観光地を歩くのはちょっと気恥ずかしく、場違いな所に来てしまったかなとちょっと後悔しつつも売店に寄り込んで、はらっぱが帽子を買う。

 覚満淵

しかし鳥居峠から山道に入れば静けさを取り戻し、小沼平まで軽く歩いて小地蔵岳と長七郎山の緩やかな稜線を快適に進みます。

快晴のわりに白んでいて遠望はないと思っていたから、すれ違ったおやっさんに富士山が見えるよと言われても俄かには信じ難かった。
ところが長七郎山頂に立ってみれば、おやっさんの言うとおり霊峰富士が雲を伴ってはるか遠くに悠然と浮かんでいるではないか。

地蔵岳に勝るとも劣らない展望だというのがはらっぱの弁。

 長七郎山から黒檜山を見る


 長七郎山頂は思いのほか人が多く、子供がチョロチョロと小うるさくて閉口です。
 エメラルドグリーンの小沼
(この)や赤城の外輪山を真近かに眺め、気持ちのいい草黄葉の斜面でランチタイムになった。

荒山を眼下にして小沼に下りる途中、おとぎの森に行く道を見逃してしまった。
メルヘンチックな気分に浸るのは次回と言うことに。

関東ふれあいの道、軽井沢峠とかいう怪しい道を軽く往復して笹薮の中から八丁平の車道に這い上がった。
要するに、道が良くわかっていません。

地蔵岳の登りは良く整備された階段の道でした。
背後の長七郎や小沼を振返りながら、1ピッチで簡単に登りきる。

 地蔵岳途中から小沼、小地蔵岳、長七郎山


空はあくまでも青いが、低木の紅葉は既に時期を逸しているのか。
殆ど枯れた状態になっていた。

広い地蔵岳山頂には赤城随一の展望が待っており。
特に大沼
(おの)を取り囲む山々が手に取るように俯瞰された。

地蔵岳は、赤城火山の中央火口丘とのこと。

 地蔵岳山頂


スキー場に懸かるリフトは営業できる状態ではなく錆だらけで放置されている。
これも時代の流れか。
スキー場華やかなりし頃の売店跡だろうか、朽ちた小屋も荒れ放題です。

リフトの残骸といい倒壊寸前の小屋のといい。
これほど、地蔵岳の面目を潰すものはあるまい。
関係者のご一考を期待したい。

あたらしい標識ばかりが整備されているアンバランスに驚きます。

 山頂標識
大洞に直接下る道は荒廃がひどいが、一箇所だけ展望の開けた場所があった。
振り返ると、山頂に林立する放送用中継アンテナ群が逆光に照らされている。

気象レーダーや警察用無線基地にもなっているようです。

歩きにくい岩を下り、踏み跡の不明瞭な笹の急斜面を木に掴まりながら滑り落ちて行きます。
間もなく自動車道に出る。
大洞から覚満淵まで車が行き交う車道を戻り。
風の庵のソフトクリームを舐めながら山支度を車に放り込んだ。

 山頂のアンテナ群

 小沼経由で狭い車道を赤城温泉に下り、駐車場に到着したのは3時過ぎだった。
 朝が遅かったもんね。
 瀬音大露天風呂の看板に引きずられて温泉の最奥、湯之沢館にくねくねと歩いて行きます。

 温めの茶色いお湯にどっぷり漬かると、いつしか時を忘れて玉簾の滝から落ちる瀬音がいつまでも快く耳に響いていた。
 はらっぱは女性用の洞窟風呂に入ったがあまり気に入らなかったらしく、大露天風呂を覗いて悔しがります。
 だから露天風呂にしようって言ったのに、混浴の。